セキュリティ

UTM導入しているからセキュリティソフトは不要??

「UTMを導入したらセキュリティソフトは必要ないの?」とよく聞かれます。

結論からお伝えすると、”必要”です。

UTMとセキュリティソフトの特性を理解することでその理由がよくわかります。

UTMとファイアーウォール、セキュリティソフトの違い

UTMとは、Unified Threat Managementの略で、日本語で「統合脅威管理」と呼ばれています。 ファイアウォールのほか、Webフィルタリング、アンチスパムなど複数のセキュリティ機能を一つに統合したもので、ファイアウォールだけでは防ぐことのできない様々な脅威から企業ネットワークを守ることができます。

UTMによる技術的安全管理措置の例

 

ファイアウォールとは、ネットワークの入口などに設定するシステムの事で、セキュリティ上の理由などで通過させてはいけない通信を社内SEなどが設定していきます。
具体的には、外部からの不正な通信を遮断する機能や、許可された通信だけを通過させる機能を持っています。

セキュリティソフトは、一般的には端末に設定するソフトの事で、非常に馴染みのあるものだと思います。主な役割としては、端末内に侵入してきたウイルスなどを検知し駆除をしていきます。
例えば、USB端末からの不正データの侵入を駆除する役割などがあります。

UTMを導入しているとセキュリティソフトは不要?

UTMはインターネットからLAN内(ネットワーク内)の通信、LAN内からインターネットへの通信を一括で管理しますが、LAN内通信およびUTMスキャン対象外の通信からのウイルス感染を防ぐことはできません。また、端末のウイルス駆除はできないので、各端末にセキュリティソフトを導入する事を推奨しています。

 

UTM、ファイアウォール、セキュリティソフト、それぞれ役割が異なりますので特性をきちんと理解した上で、対策をとるようにすると良いでしょう。

コメントを残す

*