ネットワーク

インターネットに接続できない時のチェック項目1

突然、お使いのパソコンがインターネットに接続できず困った経験が誰もがあると思います。

今回は、急にインターネットに疎通しなくなった時のネットワーク機器、配線のチェック項目をいくつかご案内していきます。

決して、焦らず冷静に対処してみて下さい。

 

確認項目(上から順番に確認してみて下さい)

 

ネットワーク機器の電源がきちんと入っているか確認しよう。

初歩的な事ですが、ネットワーク機器の電源がOFF状態ではインターネット接続はできません。

まず、ここをチェックして下さい。

ルータを再起動してみよう

コンセントを抜いて「10秒以上」待機して下さい。

その後、コンセントを挿して再起動させて下さい。

モデム、ONUを再起動してみよう

こちらもすぐに電源は入れず、必ず数分待ってください。目安は「数分~30分」です。
機器に貯まった熱を放熱したり、電荷の放出、IPアドレスの再割当てなどがされるようになりより問題が解決しやすくなります。数分の放置で直ることもありますが、直らなかった場合は30分放置してみて下さい。

回線、プロバイダの状態を確認しよう

突如接続できなくなった場合は、まず最初に回線とプロバイダが利用停止になっていないかをチェックします。稀にですが、「回線やプロバイダの料金を払い忘れていた。。。」といったケースがあります。

そのような場合は、通信事業者に連絡をして料金支払等の対処をして下さい。

ルータの中にアクセスすることで状態は確認できますが、支払った記憶がない場合は、そこを疑います。

LANケーブルの抜けや緩みなどを確認しよう。

ルータやHUBにLANケーブルが接続されているが、接続ランプが点灯していない。

このようなケースの場合は、LANケーブルに問題がある可能性が高いです。

・LANケーブルをきちんと挿さっているかを確認してみて下さい。

・別のLANケーブルを接続して疎通確認を行ってみて下さい。

 

複数台のパソコンが設置されている場合は、1台だけ接続できないのか、全て接続できないのかによってチェックポイントが違います。

1台の場合は、パソコン→HUB→ルータ の順番に確認

全台の場合は、ルータ→HUB→PC の順番に確認

 

ネットワークがループしていないか確認しよう。

ネットワークエラーで一番多いトラブルがループ障害です。

何かの拍子にケーブルを抜いて誤ったところに挿してしまうケースがあります。

ルータとアクセスポイント、ルータとHUB、HUBとHUBなどのネットワーク機器がLANケーブルで二方向に接続されていないか確認してみましょう。

通常はゲートウェイ(ルータ)→エンドポイント(PC)に一方通行で配線が流れています。

ループエラーのイメージ

これらの項目が対処方法のテンプレートといって過言ではありません。

多くの場合はこれらいずれかに該当し、解決する事ができます。

また、パソコン側の問題については改めて記載しますが、

PCのワイヤレススイッチが ON になっているか

ネットワークの接続の状態が「有効」になっているか

IPを固定している場合はきちんと割り当てられているか

などの確認をする必要があります。

 

こういったトラブルを対処するときは焦らず、冷静な対処をしていきたいですね。

参考にしてみて下さい。

 

 

コメントを残す

*